セミナーについて

かつて不動産投資と言えば、大企業の遊休地の利用や開発目的の不動産会社、あるいは資産家の土地の有効活用と言ったような、銀行などの資金調達も利用した大規模で限られた者しか参加できない投資手法でした。
バブルの時代、地上げに代表される短期で値上がり益を狙った、荒っぽい手法が横行しましたが、バブル崩壊後地価の下落が20数年も続き、その手法も一般的ではなくなりました。
そして現在の主流は、マンションなどの収益物件を他のに人に賃貸して、長期間安定した家賃収入を得るという手法になっています。
時代背景や社会情勢、景気の動向に応じて、対応してきました。
20数年に及ぶ地価の下落にようやく歯止めがかかってきたこの時代に、今後どのように対応していくのでしょうか。

20数年に及ぶ地価の下落に歯止めをかけたのは、東京を中心とした首都圏都心部と言っていいでしょう。
教育機関や企業の回帰などが少しずつ実行に移されており、それに伴う人口流入も明らかな事実となっています。東京オリンピックの開催も東京をを中心とした首都圏の価値の向上に一役買っています。
湾岸地域を中心に開催されるオリンピックでは、羽田空港の整備と拡張、アクセスする鉄道や首都高速道路の修繕と整備、通信インフラの整備とセキュリティインフラの構築等、未来都市足りうる様々な構想が考えられます。
また、海外の資本や投資家からも垂涎の的になっています。世界の主要都市と比較した場合、首都圏の物件価格は割安の状態となっています。昨今の円安もこの状況を下支えする形になっています。
首都圏を取り巻く不動産事情は、しばらく追い風が吹いていくでしょう。